メッセージよりも力を入れるべき「プロフィール」

出会い系で女の子をゲットするためには、メッセージのやり取りがとても大切。その内容次第で、その後の展開が大きく変わってきますからね。確かにそうなんですけど、それよりももしかしたら重要かもしれないことがあります。プロフィールですよ、自分の。

このプロフィールの出来が悪いと、女の子とメッセージの交換をすることなんてできません。そりゃそうです、相手は自分の素性も何も知らないんですから。 

少なくとも「この人とメッセージのやり取りをしても害はないな」と女の子に思わせないと、その後はありません。「害はない」と思わせるためには、プロフ欄などの自己紹介で暗に、「害はありませんよ~、誠実な男ですよ~」というメッセージを飛ばさないといけないんです。

「メッセージのやり取りをすれば自分の良さがわかってくれるだろう」なんて甘いこと考えてたら女の子とは出会えません。これだけはハッキリと言っておきますね。

 

プロフィールは言葉遣いを気をつける

じゃあ、どんなテクニックを使ってプロフィールを作成していけばいいのでしょう?どうやったら誠実な男であることが伝わるんでしょうか。

まずは、言葉遣いですね。堅すぎず、でも砕けすぎず、ちょっとラフな感じでまとめるように意識してみましょう。それでも敬語を使うことは忘れないこと。

「サラリーマンやってます」、「28歳です」、「よろしくお願いします」など、本当に基本ですけど、こんな感じのシンプルな方が女性受けも良く誠実に見えますよ。

ただ、シンプルすぎると他の男の人との差別化が図れないですから、オリジナリティも出しておきたいところ。

例えばですけど、「IT系の企業でサラリーマンやってます」、「28歳だけど、もうちょっと若く見えるみたいです」など、少し付け加えるだけでも雰囲気が違って見えてきませんか?具体性も増して、「どんな人なんだろう?」と興味も持たれやすくなるし、「悪い人ではなさそう」と感じてもらいやすくなりますよね。

ほんのちょっとしたテクニックでも印象はガラッと変わります。そのほんのちょっとの違いで、女の子と会えるかどうかが決まってくるんです!

 

プロフィールには求める女性の条件を書かないこと

自己紹介文のところに絶対に書いてはいけないこと、これも是非覚えておいてください。それは、「求める女の子の条件」です。

「すぐに会える女の子探してます!」なんて条件をつけたら、誰にも見向きもされないと思っておきましょう。「25歳以下の女の子限定」とかいう条件も論外。こんなこと書いていたら、女性受け最悪だし誠実さのカケラも感じないですよね。 

自分のことしか考えてないと思わせた時点で終わり。誰も相手にしてくれません。出会い系においては、男性は女性に選ばれる立場であることを肝に銘じておきましょう。

男性は選ぶ立場にはないんです。女の子に選ばれるためにどうするか、これを考えて考えて考えまくるしかありません! 

そのための第一歩が、女性受けのいい誠実さを感じさせるプロフィールを作成すること!なんですね。

適当に書いちゃダメですよ。それが今後の運命を握っているんですから。